本庄ボディケアは、二子玉川の本格的なスポーツマッサージ鍼院です。学生から社会人まで現役アスリートや日常的に身体を動かしている方によくある身体の症状や課題の改善におすすめです。

足関節外・内側痛

院長の本庄です。

今回は足関節の外側・内側の痛みについて書いてみます。

ざっくりと挙げると、

外側の痛み
➀長・短腓骨筋腱炎(腱鞘炎)
➁捻挫後遺症
➂坐骨神経痛
➃腓骨疲労骨折

内側の痛み
➀後脛骨筋腱炎(腱鞘炎)
➁舟状骨周囲の痛み
➂捻挫後遺症
➃脛骨疲労骨折

良くあるのは腓骨筋腱炎と後脛骨筋腱炎でしょうか?
どちらもオーバーユースが原因ではあります。
けっこう腫れて痛みが強いですよね。どうしても体重がかかる所ですし。
トレーニング量を減らし、アイシングと緊張部位を緩めることが重要です。
鍼・超音波治療が効果的です。
原因が腰や臀部であることが多いので腰臀部・足関節周辺の治療をお勧めします。

捻挫後遺症もなかなかやっかいです。
急性期は腫れて荷重もろくに出来なくて、ギプス固定することもあります。
ほとんどの方は痛みが取れれば治ったと思ってしまいます。
患部に力が入らないまま使い始めると故障部位以外に負担がきて
逆足や患側部の足関節外側・膝・股関節・腰に痛みが出ることも多いです。
出来ましたら、捻挫患部は鍼治療が有効です。
剣山状態になりますが、お勧めしたい治療の一つです。

若い頃の故障が後々になって表面化した例が多く見られます。
一度、ご相談下さい。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です